top of page

白川誠司
教授

Seiji Shirakawa
Professor

seijishirakawa@nagasaki-u.ac.jp
ORCID: 0000-0003-1027-8922
https://orcid.org/0000-0003-1027-8922

Profile

        Seiji Shirakawa was born in 1974 in Ehime, Japan. He graduated from Nihon University (1997) and received his Ph.D. (2004) from Kyoto University under the supervision of Professor Keiji Maruoka. He worked with Professor James L. Leighton at Columbia University (2004–2005) and Professor Shū Kobayashi at University of Tokyo (2005–2007) as a postdoctoral fellow. He was appointed as an assistant professor at Nihon University in 2007, and moved to Kyoto University as an associate professor (2009). He moved to Nagasaki University in 2014, and he is currently a professor in Nagasaki University. He has received the Sanyo Chemical Industries Award in Synthetic Organic Chemistry, Japan (2010), the Chemical Society of Japan Presentation Award (2010), The Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology, The Young Scientists’ Prize (2013), Incentive Award in Synthetic Organic Chemistry, Japan (2014), the Mitsui Chemicals  Award in Synthetic Organic Chemistry, Japan (2015), Nagase Foundation Award (2015), and Kumagai Research Grant Award (2022).

2022–     Advisory Board Member of Tetrahedron Green Chem

https://www.tetrahedron-green-chem.com/advisory-board

 

愛媛県四国中央市出身

1997年 日本大学 生産工学部 卒業

2000年 日本大学 大学院生産工学研究科 博士前期(修士)課程 修了

    清水正一 教授

    [この間1999年4月〜2000年3月 米国テキサスクリスチャン大学研究生

    (日本大学海外派遣奨学生)]

2004年 京都大学 大学院理学研究科 博士後期課程 修了 博士(理学)の学位取得

    丸岡啓二 教授

    [この間2003年4月〜2004年3月 日本学術振興会特別研究員 (DC2)]

2004年 米国コロンビア大学化学科 博士研究員 (日本学術振興会特別研究員PD)

    James L. Leighton 教授

2005年 東京大学大学院薬学系研究科 博士研究員 (日本学術振興会特別研究員PD)

    小林修 教授

2007年 日本大学 生産工学部 助手 清水正一研究室

2008年 日本大学 生産工学部 助教 清水正一研究室

2009年 京都大学 大学院理学研究科 特定准教授 丸岡啓二研究室

2014年 長崎大学 大学院水産・環境科学総合研究科 准教授 (独立した研究室を運営) 

2023年 長崎大学 総合生産科学域 (環境科学系) 教授

2014~2019年 

日本化学会 新領域研究グループ『精密物質変換のための分子空間化学』代表

Awards

1997年 日本大学 生産工学部 優等賞

2010年 有機合成化学協会 三洋化成工業研究企画賞

2010年 日本化学会 第90春季年会優秀講演賞 (学術)

2013年 日本化学会 第27回若い世代の特別講演会講演証

2013年 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

2014年 有機合成化学協会 有機合成化学奨励賞

2015年 有機合成化学協会 三井化学研究企画賞

2015年 長瀬研究振興賞

​2022年 熊谷研究助成表彰

Patent

坂田一樹, 北原奈緒, 白川誠司, 高橋健太郎, 武藤れおな, シャファートオリバーセイエッド, 加賀田秀樹, “合成高分子の製造方法、成形材料、並びに、成形体”

国際特許番号: PTC/JP2021/010699

 

丸岡啓二, 白川誠司, 佐藤大祐, “光学活性4級アンモニウム塩、および光学活性化合物の製造方法”

特開2013-63942.

 

小林修, 白川誠司, “光学活性ヒドラジノケトエステル化合物の製造方法”

特許第4860509号, 平成23年 (2011年) 11月11日登録.

 

J. L. Leighton, R. Berger, S. Shirakawa, G. T. Notte, “Silacycle Compounds and Methods of Use Thereof”

US 2008/0167468 A1.

 

J. L. Leighton, R. Berger, S. Shirakawa, “Method for Preparation of Optically Active α-Hydrazino Carboxylic Acids and 1-Acylpyrazolidines by Arylation of α-Ketoester Acylhydrazones and Cycloaddition with Vinyl Ether Assisted by Chiral Silacycic 2-Chloro-1,3,2-oxazasilolidines”

WO 2006062901.

 

清水正一, 白川誠司, 佐々木保之, “新規カリックスホスフィン及び新規ビフェニルアルキルホスフィンのスルホン化物,並びに該両新規ホスフィン化合物のスルホン化物を成分とする触媒”

特願平11-277543、特開2001-97986.

 

Invited Lectures

2024.6.29. “キラル二官能性有機カルコゲン触媒の開発に至る経緯と展開” 白川誠司, 第61回化学関連支部合同九州大会, 北九州国際会議場, 北九州, 福岡.

 

2024.3.19. “キラル二官能性カルコゲナイド触媒の特徴を探る” 白川誠司, 日本化学会第104春季年会, 日本大学船橋キャンパス, 千葉.

 

2022.12.12. Design of Chiral Bifunctional Sulfide Catalysts for Asymmetric Halocyclizations” S. Shirakawa, 11th Singapore International Chemical Conference (SICC-11), Innovis Building Address: 2 Fusionopolis Way, Singapore 138634, Singapore.

 

2022.10.21. 独自に設計したキラルスルフィド触媒の創製” 白川誠司, 第90回触媒化学融合研究センター講演会, 産総研 (AIST), 筑波.

 

2022.1.7. 実用的二酸化炭素変換反応の実現に向けた二官能性有機分子触媒の設計と展開” 白川誠司, 第25回農薬相模セミナー, オンライン (相模中央化学研究所主催).

 

2019.12.12. Design of Chiral Bifunctional Organosulfur Catalysts” S. Shirakawa, The 18th Asian Chemical Congress, Taipei International Convention Center, Taipei, Taiwan.

2019.9.18. 環境調和型有機合成反応の開発を指向した有機分子触媒の設計” 白川誠司, 第124回触媒討論会, 長崎大学文教キャンパス, 長崎.

 

2019.3.19. Design of Chiral Organosulfur Catalysts” S. Shirakawa, 日本化学会第99春季年会, 甲南大学岡本キャンパス, 兵庫.

 

2019.2.8. オニウム塩の新たな触媒機能の創出と展開” 白川誠司, 住友化学講演会, 住友化学歌島事業所, 大阪.

 

2018.10.1. “Design of Organo-Sulfur Catalysts” S. Shirakawa, 9th Joint CSJ RSC Symposium: Designing Molecular Function at the Nano-Scale: Catalysis, Materials and Supramolecular Chemistry, Burlington House, London, UK.

 

2018.9.1. 硫黄の特徴を生かした触媒開発” 白川誠司, 第30回若手研究者のためのセミナー, 九州大学病院キャンパス, 福岡.

 

2018.8.29. 新たな有機硫黄触媒の開発” 白川誠司, 第79回超分子創製化学セミナー, 立命館大学びわこ・くさつキャンパス, 滋賀.

 

2018.3.21. Catalysis of Trialkylsulfonium Salts” S. Shirakawa, 日本化学会第98春季年会, 日本大学理工学部, 千葉.

 

2018.1.20. 二酸化炭素固定化反応のための実用的触媒反応系の開発” 白川誠司, 第2回 有機合成若手講演会, 京都大学, 京都.

 

2017.10.11. “The New Dimension of Alkyl-onium Salt Catalysts ” S. Shirakawa, The 7th Sino-Japanese Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists, Shanghai Institute of Organic Chemistry (SIOC), Shanghai, China.

 

2017.6.15. “Hydrogen-Bonding Catalysis of Alkyl-onium Salts ” S. Shirakawa, The 23rd Joint Seminar of the Pusan Branch of the Korean Chemical Society and the Kyushu Branch of the Chemical Society of Japan, Pusan National University, Busan, Korea.

 

2017.6.10. “Alkyl-onium Salts as Hydrogen-Bonding Catalysts” S. Shirakawa, International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017, Hotel continental Saigon, Ho Chi Minh City, Vietnam.

 

2017.4.27. オニウム塩の新たな触媒機能の創出” 白川誠司, 日本化学会九州支部平成29年度第一回講演会, 長崎大学, 長崎.

 

2016.12.5,6. オニウム塩触媒のちょっと違う使い方” 白川誠司, 九州大学「先端有機化学講演会」, 九州大学, 福岡.

 

2016.11.10. オニウム塩触媒の新たな可能性の探索” 白川誠司, 分子研研究会「若い世代が創る次世代型分子触媒の開発とその展望」, 分子科学研究所, 愛知.

 

2015.11.27. “Base-Free Neutral Phase-Transfer Reaction System” S. Shirakawa, Sino-Japan International Exchange and Cooperation Forum on Organic Chemistry, Guangdong University of Technology, Guangdong, China.

 

2015.7.4. 中性条件下で進行する相間移動反応” 白川誠司, 統合物質創製化学推進事業第6回若手研究会, 別府ホテル清風, 大分.

 

2015.3.30. “Discovery and Evolution of Base-Free Neutral Phase-Transfer Reaction System” S. Shirakawa, 2nd International Symposium on Catalysis Toward Green Sustainable Chemistry (CAT-GSC-2), The University of Tokyo, Tokyo, Japan.

 

2014.12.1. Efficient Approach for the Design of Effective Chiral Quaternary Phosphonium Bromides
in Asymmetric Reactions” S. Shirakawa, 2nd International Symposium on Integrated Science for

Molecular Chirality in Biology and Chemistry, Greenpia Minamiaso, Kumamoto, Japan.

 

2014.11.21.Development of Chiral Bifunctional Quaternary Phosphonium Bromides for Asymmetric Phase-Transfer Reactions” S. Shirakawa, Advanced Molecular Transformations by Organocatalysts 2nd International Conference, Ito Hall in The University of Tokyo, Tokyo, Japan.

 

2014.9.18. 塩基を必要としない中性相間移動反応系の発見と展開白川誠司, 第31回有機合成化学セミナー, 休暇村志賀島, 福岡.

 

2014.3.27. “キラル相間移動触媒による軸不斉化合物の触媒的不斉合成” 白川誠司, 日本化学会第94春季年会 特別企画『進化する有機分子触媒』, 名古屋大学東山キャンパス, 愛知.

 

2013.3.23. “不斉相間移動反応の新展開 –塩基を用いない中性条件下での環境調和型反応系の開発–” 白川誠司, 日本化学会第93春季年会 若い世代の特別講演会, 立命館大学びわこ・くさつキャンパス, 滋賀.

 

2011.11.1. “Base-Free Neutral Phase-Transfer Reaction System” S. Shirakawa, Second International Collaborative and Cooperative Chemistry Symposium, The University of Queensland, Queensland, Australia.

 

2011.6.30. “キラル相間移動触媒反応の新展開 –塩基を用いない中性条件下での環境調和型キラル相間移動触媒反応–” 白川誠司, 社団法人 新化学技術推進協会 先端化学・材料技術部会 講演会, 新化学技術推進協会会議室, 東京.

 

bottom of page